2016年3月15日火曜日

コスタリカ報告


Hola!(こんにちは!)ケイジです。

今回は218日〜28日に訪問したコスタリカの報告をします。

 
サンホセのホテルの前の風景

僕にとっては3回目のコスタリカ訪問になりました。コスタリカは食事もビールも美味しい国なので大好きです。そして1年ぶりにMorpho(モルフォ)のメンバーに会えることも楽しみでしたが、今回の訪問では様々な新しい出会いがありました。

 今回の訪問の目的は年度末恒例の年間活動報告、JICA草の根事業の最終年度となる来年度の予算作成。そしてMorphoの活動がコスタリカの各地に広がり、ペレスセレドン以外の場所でCILを作ろうと頑張っている人達に会うことでした。

 

コスタリカ1日目(2/19)は午前中にJICAコスタリカ支所でのMorphoの活動報告を行いました。午後からはコスタリカの日本大使館を表敬訪問しました。

 
日本大使館からの眺め

コスタリカ2日目(2/20)はサンホセから北東にバスで3時間ほどのところにあるグアピレスに行き、自立生活センターKADOTAのメンバーに会いました。

 
グアピレスのバス停前

リーダーのジセニアは脊髄損傷の女性。Morphoのプロジェクトが開始した頃からウェンディーとSNSで知り合いになり、およそ2年前に開催されたサンホセでの全国集会に参加したそうです。そこでカドタさんの話を聞いて感動し、自立生活運動を行う為に地元のグアピレスで仲間を募りセンターを立ち上げました。今では法人格をとり活動の幅を広げていこうとしています。

 
メンバーみんなで迎えてくれました(近くの教会)


 

「カドタさんはいろんな活動を行い、たくさんの仲間を集め、自立生活を信じて運動してきた。頑張る力、逆流してでも前に進んでいる。その人が自立生活という考えをコスタリカに持って来てくれた。その考えに仲間も賛同し『KADOTA』をセンターの名前に入れた。」と話してくれました。グアピレスでの活動も活発になってきていて、今では街を歩いていると「KADOTAの人だ!!」と言われるそうです。面白いですね!!

 
ジゼニアさん

ジゼニアはすごく魅力的な女性でした。話を聞いていると気持ちがグイグイ?!(表現合ってる??)伝わってきました。リーダーとしてこれからどんどん活躍して欲しいと思いました。

 コスタリカ3日目(2/21)はサンホセからペレスセレドンに移動です。

 
迎えてくれたMorphoのメンバー
ルイスの左の青い服の女性が後で話に出てくるアンジー

夕方からはMorphoのメンバーが集まってくれて歓迎会を開いてくれました。

美味しい手作りの料理を振る舞ってくれました
右はしのメガネの女性がジャッキー

Morphoには新しいメンバー、しかも女性が2名増えていました!!

筋ジスのマルセラと脊髄が膨張して1年半前から歩くことが困難になったジャッキーです。二人とも職業訓練学校に通いながらMorphoの活動に参加していきます。

 コスタリカ4日目(2/22)は午前に今年度の活動報告、午後からは来年度の予算作成を行いました。

 



今回の訪問の目的の1つ「ペレスセレドン以外の場所でCILを作ろうと頑張っている人達に会うこと」ですが、短い旅のため訪問する事ができなかった地域から私たち日本人に会いに来てくれた人達がいました。

 サンラモン(サンホセから北西の地域)で自立生活センター改善(かいぜん)を作り活動しているルイス・パブロさん。ニックネームはPO(ポー)さんです。

 
一番奥にいるのがルイス・パブロさん
ビデオでセンターのことを紹介してくれました

2015721日のタケシのブログ「morpho libre」でも紹介されていましたね。

今まではMorphoから介助派遣を受けて外出していましたが、今回のペレスセレドンへは自分のセンターで育成した有料介助者を使って私たちに会いに来てくれました。

自立生活センター改善には脳性まひ、筋ジス、盲目などの障害を持った7名の当事者が参加しており、介助者は7名いるそうです。

コスタリカには介助制度がありません。そのため有料介助のお金を支払えない利用者のために、センターでお金を集める活動(イベント)を行い介助料の補てんを行っています。

2月末にはサンラモンで自立生活センター改善が主催する大きなビンゴ大会を開催すると話してくれました。コスタリカではビンゴ大会が人気だそうです。多くの景品が出て、大勢が参加し延々とビンゴを行うそうですよ。なんだか日本のビンゴ大会とは様相が違いますね。

 もう一人はプンタレナスで活動をしているアンジーさんです。

僕たちがペレスセレドンに到着した時にバス停まで迎えに来てくれていましたね。

プンタレナスでの活動はまだはじまったばかりですが「障害者の社会参加と自立生活を実現する」というスローガンで運動を行っています。

ジゼニアさんと同じく、Morphoが行った全国集会に参加して障害者の人権、自立、自己決定を知り感銘を受け活動をはじめました。

Morphoがプンタレナスで行った介助育成により6名の女性介助者がいます。

今の彼女の目標は「プンタレナスにMorphoのような素晴らしい自立生活センターを作ることだ」と力強く語ってくれました。

人見知りなアンジーさんですが、時折見せる笑顔が可愛らしかったです。目に力があり、周りの人をどんどん引っ張って行ける人だと思いました。

 
コスタリカ5日目(2/23)は午前にMorphoが企画した発達障害の講演会が行われました。

 
マスコスさんの講演

そもそもはMorphoに発達障害の親から相談があり、コンセホ(障害者の施策を監督する国の機関)に相談するなど間に入るなかで今回の勉強会が開催されることになりました。

コンセホからはMorphoの活動に理解があり、自らもアスペルガーの子供を持つマルコスさんが講演を行っていました。

講演会には発達障害の子供を持つ親がたくさん参加しており、全体的には2030名の参加がありました。活発な意見もたくさん挙がっていました。

僕は今回すごく素晴らしいと感じたのは、Morphoが立派な社会資源としてこのような講演会を自ら開催する事が出来ているということです。

 

昼からは自立生活センターの役割として大ちゃんが自分史も含めてMorphoのメンバーやルイス・パブロ、アンジーに話をしました。

 
大ちゃん講演中

大ちゃんとは同い年で長い付き合いですが、フォーマルな講演的な話はちゃんと聞いたことがなかったので、面白かったです。

今回はコスタリカ・バージョンで恋愛と下ネタ?系を多めに挟んだそうですよ。

かなりうけていました。

 

コスタリカ6日目(2/24)はMorphoで一日中、来年度予算案と今後のプロジェクトについての話し合いでした。

 
ペレスセレドンの夜景

コスタリカ7日目(2/25)はサンホセから東へバスで4時間くらい、パナマ国境近くの街のサンビトを訪問しました。

遠くてバスがあまり通っていないため朝5時半のバスで出発です。

 
朝5時のバス停

サンビトでは「ADEINVI」というセンターのみんなに会いに行きました。

タケシのブログにも何度か登場している代表のフランシーニさんたちが温かく迎えてくれました。

フランシーニさんは女性障害者の地域集会や全国集会に参加するなど活発に行動している人です。

 
左の車イスの女性がフランシーニさん

この団体もまだ動き出したばかりですが、厚生省の職員にワークショップを開催したり、障害者の国際DAYには100名を超える規模のイベントを開催しているそうです。

 


この団体のロゴにはイーグルが描かれています。

「普通の鳥は嵐が来ると隠れてしまうが、イーグルは嵐よりも高く飛び立つ」

逆境にも決して立ち止まらず、前に進んでいこうという強い意志が感じ取れますね。

 
「ADEINVI」のロゴ
サンビトのバス停
フランシーニが見送ってくれました


コスタリカ8日目(2/26)はペレスセレドンからサンホセへの移動。そして深夜にはコスタリカを後にしました。

 
お別れの朝

今回の訪問で感じたことはMorphoの活動が様々なところに広がってきていることでした。

一緒に活動する仲間が増えました。

事務所に毎日、色んな人たちが訪ねてきます。

地域の障害分野の要として、講演会や勉強会を独自で開催しています。

Morphoが行ってきた自立生活運動がコスタリカの他の地域に確実に広がりを見せています。

Morphoのメンバーが力を付け、自分達の言葉で自立生活を伝えていました。

そして活き活きと人生を送っている姿が素敵でした。

そんな姿がまたコスタリカの障害者を変えているのだと感じました。

 

次にコスタリカを訪れたとき、もっと進化した彼らに出会えることを楽しみにしています。

 

2015年5月29日金曜日

コロンビアからHOLA! ⑥ブカラマンガ&エル・カルメン・デ・チュクリ編




こんにちは、らち姉です。511日に無事に日本に帰ってきました。帰国後、みんなとの時間&日本食を堪能していて、帰国から2週間以上が経ってからの更新となってしまい、ごめんなさい。
 今回は帰国直前に行った、ブカラマンガとエル・カルメン・デ・チュクリという2つの町での事について書きたいと思います。55~7日の23日の出張で上記の2か所の町に行ってきました。メンバーは専門家3名と介助者として湯浅さん・良知の5名です。今回は、出張中の介助の引継ぎもかねて湯浅さんも一緒です。
 
 今回行ったブカラマンガはコロンビアで5番目に大きな町で人口は約50万人(西宮と同じくらいだね)。メデジンからは車で行ける距離ではないので、飛行機で向かいます。着いたら手配してあるワゴン車で移動になります。コロンビアは大きな山脈が南北にいくつも走っているので、長距離を車で移動するのは大変なので、飛行機を使うことが多いそうです。陸路での流通が盛んではないので、それぞれの地域が独自の文化や習慣を持っているのもコロンビアの特徴だそうです。行政もそれぞれの県によってやり方が違うことが多く、それもその地域性に合わせた形になっているんだそうです。
移送を依頼した会社が、どこからか借りてきたスクールバス。すわり心地悪すぎて、長時間は乗れそうにないよ・・・
 
 当初の予定では5日の午前中にブカラマンガ到着後、翌日の役所周りに備えてボゴタから来ているユニットの担当者のレイディーさんと打ち合わせをする予定でしたが、体調不良で短期入院することになったため、専門家3名での打ち合わせになりました。
 それ以外にも、手配したワゴン車が条件に合っていないものだったり、奥平さんの通訳として頼んだ人と会ってみると同時通訳ができない人だったり(事前に確認した時はできるって話だったのに)予定外の状況が続きます。このようなプロジェクトの業務に関わる手配・準備は業務調整と言い、上條さんの仕事です。なのでブカラマンガについて予定していたのと違うことが多発して、その調整のために上條さん大忙し。おつかれさまです~。
 
6日はサンタンデール県(ブカラマンガとエル・カルメン・デ・チュクリがある県)の知事や県の紛争被
害者の担当部署の人と会う予定です。
 
6日の朝には別のワゴンになってました。これなら大丈夫そうです!
 
 サンタンデール県のメンバーとの会議では、カバンもケータイなどはロッカーに入れなければなら
ず、写真は全く撮れ・・・。そして県知事は体調不良とのことで副知事が対応してくれました。

会議後の写真がこちら↓
役所で働いている人の中でも、紛争で障害者になった人がいました
 
次は、サンタンデール県に設置されているにユニット(被害者救済ユニット)との会議です。ここでは、紛争被害ってどんなものがあるか、紛争被害者にはどんなサービスが受かられるかなどがわかるようなパンフレットが作られていたり、実際に紛争被害にあった人がユニットのサービスを利用しながらやりたいことに取り組む様子を映像で見ることができます。紛争被害者というのは、身体的に負傷した人だけでなく精神的に傷ついた人や生活の場を奪われた人などもいて、目には見えない被害者が多く存在します。そういう人達がいるんだよ、という事を伝えるためにパンフレットを作ったり、映像で「見える化」している、ということでした。
 
右から2番目の男性がユニットの活動や紛争被害者の映像をつくっている
いわばコロンビアのちゅうげん。なかなかダンディ!!

さぁ、遅めの昼食を済ませたらエル・カルメン・デ・チュクリに移動です。
ブカラマンガの中心部を歩いて車まで移動
 
この写真↑に写っている蛍光黄色の服を着ている人、警察です!
じつは、メデジンの自宅からずっと警察が一緒です。(管轄地域によって警察が交代)
メデジン:自宅~空港 早朝や夜間は警察を付けることがJICAで義務付けられている
ブカラマンガ:初めて行くところで治安状況がわからないので、警察を付けるように言われた
という事で、今回はずっと警察官数名が同行しています。
専門家が事件に巻き込まれたり、命を落とすようなことがあれば、プロジェクトが廃止になるだけではなく、その国で仕事をしている他の専門家や協力隊員も撤退となり、JICAが長年の活動が途絶えたり、継続した関係が途絶えてしまうことになります。なのでJICAは十分な安全対策を取るようにしてるそうです。


 
ブカラマンガを出発して4時間弱、



まだ着きません。




やっとエル・カルメン・デ・チュクリの手前の町まで来ました。この町以降は道路は舗装されておらず、ガタガタ道が続きます。
 



さらに走ること1時間半。

ブカラマンガを出て約6時間後にようやくエル・カルメン・デ・チュクリに到着。

しかし、町は停電中。町に1軒しかない小さなホテルにチェックインしましたが、真っ暗。数本のろうそくの前にみんなで集まって過ごしました。20時ごろ復旧!3時間後には、また停電になってましたが、ネットも電気もないから、何もできないし、みんなすぐに寝ました。
 朝も停電が続いて、薄暗い中で水シャワー。しかもシャワーヘッドが無くて、上から落ちてくるのは水の塊。こんな時に「前に一人旅しててよかった」と思えるんです。へっちゃらでした。
 近くの朝食が食べられるお店に向かうときに、初めてこの町の様子がわかりました。(昨日は停電で真っ暗だったからね)空気がきれいで、町の人ものどかです(^^)

近くのお店まで歩いて向かう奥平さんと湯浅さん。すがすがしい感じ伝わりますかー?

町の一角では、朝からミサ?をしていました


奥平さんが住んでいるメデジンとはだいぶ違い、のどかな感じです。
食事も終え、町の教会の横にある広めの建物で顔合わせがありました。



この日からエル・カルメン・デ・チュクリで協力隊員として2年間生活することになる伊藤さん。
人口が少ないから、全員に覚えてもらえるよ、と言われていました。
 この集まりでは、市長やこの地区のユニットのスタッフだけではなく、紛争被害により障害者になった人も来ていました。

彼は地雷によって片足を失い、そこから当事者として町で使いにくい場所を改善するように求めたり、当事者の意見を反映してほしいと活動しています。
この建物の前に町の中心となる広場があり、そこを作り替える際にもバイアフリーにしてほしいと要望を出して、その意見が取り入れられたそうです。他にも、紛争で足に障害を負った女の子で活動している子もいました(写真は撮れず・・)

この時に市長さんから説明があったのは、この町の8割以上の人が紛争被害者だということ。
特産品としては、カカオや野菜などがあるがカカオをチョコレートにする工場がこの村には無いから、カカオをそのまま売っている。チョコレートにして売れれば収入になるがそれができないから安値で取引することになり、村人の収入は低い。村の役所の予算は年間4億円だけれど、生活保護と教育で予算の8割が消えて、他のことに使える予算がほとんどない、ということでした。
※ちなみに、エル・カルメン・デ・チュクリはエストラート1か2だけだそうです。
そんな話をしてくれた市長さんは、ゲリラに自分の父を殺された紛争被害者です。


この後は町の集会所に行きました。この日は、ユニットの職員が町に来て、みんなの申請を受け取ったり相談に乗る日だったので町みんなが集会所に集まっているということでした。
町のみんなにもJICAのプロジェクトのことを知ってもらおうということで、自己紹介とプロジェクトの説明をさせてもらいました。

自己紹介はスペイン語でばっちり話せるようになった奥平さん!
 そのあとは町の病院を見学させてもらいました。ここもグラナダと同じで、レベル1(軽度)の人にしか対応できないそうです。ブカラマンガまで車で5時間以上なので、グラナダ以上に大変!


そろそろ昼食の時間になりました。 この町で採れたものを使ったランチ。地元の人の手作り(^^)
牛肉はステーキとビーフジャーキーの間のような触感。クセになりそうな感じ。
 



 アボガドは味が濃厚でした。右の器に入っているのはアヒーと言って唐辛子に玉ねぎ・レモン・
アボガド・ゆで卵等を刻んで混ぜたもの。これが絶品で、作り方を教えてもらいました!
 
 
帰りの飛行機の時間があるので、昼過ぎには出発しなければいけません。短い滞在でしたが、
コロンビアで一番当事者に近くなった瞬間だったと感じました。
 

 
メデジンに帰る飛行機の中で専門家の上條さんから、今回行ったエル・カルメン・デ・チュクリで実
際に紛争にあった人の体験談を聞かせてもらいました。
 
 ある晩、ゲリラの集団が町に来て家に押し入って家族を拘束し、家族が見ている前で10代の娘
が10人以上の兵士にレイプされた話だったり、
 家族の前で父親の体に硫酸をかけて体が溶けていくのを見させられたり。

日本ではありえない内容で、衝撃的でした。

 ゲリラの目的は、殺すことではなく反抗できないように精神的に痛めつけるのが目的なんだそう
です。そして村の土地を奪いコカを育て、コカインを売って活動資金にします。コカが植えられた土
地は、その後何年も何も作れなくなるそうです。


村の人は肉体的・精神的に苦痛を味わうだけでなく、生活環境も奪われることになるんだということ
を知りました。
また、コロンビアの大きな課題となっているのが、紛争被害者の社会復帰だけでなく、ゲリラや過激
派組織にいた人達の社会復帰です。プログラムを作って取り組んでいるけれど、紛争被害者から
の反発も大きいようです。
 
 
私達は当たり前のように、安全で恐怖の無い生活ができているけれど、それは国や地域によって
は当たり前のことではないんだと実感しました。
 

 コロンビアに行く前は、治安悪いとか麻薬とかイメージしてたけれど、実際に行ってみるとそういう
言葉だけでは表せないコロンビアを感じました。
今までコロンビアの事をかんがえた事などなかったけれど、これからプロジェクトがどういう活動をしていくのか、コロンビアの紛争被害者はどうなっていくのか、コロンビアという国はどうなるのか、きになってます。

いろんなことが色々あると思うけど、まちゃこさんがんばって!!







                    
                    
                     ☆  今回のおまけ  ☆

帰りも36時間かかりました。地球の反対から帰ってくるには、それくらいかかるんですね~。伊丹空港まで迎えに来てくれたメインストリームのメンバーの顔を見て、「帰ってきたんだなぁ」と実感しました(^^)みんな、ありがとう!!